知らなかったは罪?!広く浅くから深堀りしていくクセをつけよう

無知は大損

知らなかったからといって飲酒運転をしたらつかまります。

そう、知らなかったから大丈夫なんてことはないのです。

それと同時に知ってさえいれば防げたのにということもあれば、知ってたから得したなんてことも大いにあります。

知識って本当にあればあるだけ活用できればできるだけあなたにとってプラスになることが多いのです。

好奇心をもって日々を過ごしてもらいたい。

 

きっかけを大事に浅くても知識を拡げていこう

知識を拡げていく多くは好奇心から。

そして何かのきっかけからどんどん知識は拡がっていくのを経験したことがある人は多いでしょう。

 

ある車に乗りたい!と思ってあなたは頑張ってお金を貯めてついに一括で購入する資金のめどがたったとしよう。

早く乗りたかったけどローンを組むのは嫌だった。

その分利息を余計に払わないといけないのは知っていたから。

今は残価設定しての購入の仕方やリースにサブスクリプションでの乗り方などさまざまあるはずなのに。

知らないだけで選択肢が一気に狭くなってしまう。

 

そして車を購入したはいいが駐車場を借りようにも駐車場にも敷金がいることをはじめて知る。

月2万円の4万円が最初に必要だと。

家を借りるのに必要なのに駐車場だけ必要ないと思うのは思い込みで、知らないがために計画にない出費がでてしまうなんてこともおきてしまう。

もちろん敷金とらずに貸してくれるところもあるでしょう。

月5000円なんてところもあれば、中心部から離れれば離れるほど駐車場付きの賃貸だってもちろん存在します。

 

そして車をもてば年に一度自動車税を払わなければいけません。

大きな車であればあるほどその金額も大きくなります。

事故をおこしたら大変だから任意保険もかける。

はじめてかける場合には等級が低いから金額も高くなりやすい。

車検も受けないといけなくなる。

それだけでなく3000㎞~5000㎞に一度はオイル交換などのメンテナンスをするのが普通で、そんなの知らないからと何万㎞もオイル交換しないでずっと乗り続けた結果壊れて修理代に大きな金額がかかったなんてことにもなりかねない。

車に乗るということはそれだけで維持費が結構な金額かかっていくのです。

 

これは例え話ですが、車を持ちたいというきっかけに対して人は色々調べていくでしょう。

上にあげた内容の大半は購入前に調べて知っている状態になるのではないでしょうか?

自分にとって関わりが深くなりそうなものほど知識を深堀りしやすくなっていきます。

美容師として知らなければいけないことはもちろん興味をもってしっかり深掘りしていってほしいですが、色んなことに浅くてもいいから広く知識を拡げていくといろんな場面でプラスに働くことがでてくるようになります。

特に美容師として働いているとたくさんのお客様と会話をしていきます。

会話の盛り上がりも変わりますし、何より知っていたからその話になりさらに得な情報を教えてくれるなんて場面が多くなります。

 

 

 

知らなかったは通用しない法律の恐さ

美容師だからこそ知っておかなければいけない法律というのももちろんあります。

今のSNSなどインターネットでの情報発信が簡単にできてしまう場合には特に薬事法など表記の仕方も気をつけなければいけないこともある。

知らないからとやりたい放題していたらあなたの表現が原因で思いがけない問題がおこってしまった場合には、あなたが責任を負わなければいけなくなるのです。

知らないということはある意味罪になる時があるのです。

もちろんすべてを知っていることがベストでしょうが、人間そんなわけにもいきません。

忘れてしまうこともあれば、失念してしまうこともあります。

そしてやっぱり知らないということは多々あります。

今までの経験から問題になりにくいというような内容もあるでしょう。

しかしもしそれが法律を犯していたとしたら?

当たり前に捕まってしまいます。

 

情報が得られやすい社会にはなりましたが、いろんな情報があるのでいい悪いの判断が難しくなっているのも確かです。

SNS上でも広告でもDMでも毎日色んな情報を目にします。

そのなかであなたが取り組んでいこうと思うものに関しては知識の深掘りをしていってほしい。

もしくはその道のスペシャリストを雇うのも1つの案として頭の片隅に置いといてもらいたい。

自分を守るためにもしっかり知るべきところを知っていくクセをつけていってほしい。

 

 

単純に知らないと損をする世界

美容師では当たり前で、ストレートの1液は根元につけないというのは誰もが知っています。

しかし何も知らない素人がカラーと同じようにしっかり根元からと思って根元からべったりいくことはゼロではないでしょう。

車のガソリンだって本当に何も知らなければ灯油だって入れかねない。

そうすることで車で言えば修理代がかかるし、ストレートでいえば伸びてきた時にそこからぱっくりクセがでて辺に目立つようになりやすい。

 

税金にしてもふるさと納税やiDeCoなどの得になる制度だってある。

火災保険の適用範囲だってどんな場合にでるかどれほどの人が知っているのでしょう?

深く知ってればそれは必要だった、それはいらなかったということがはっきりわかるのに、知らなかったばかりにただただ無駄なお金を支払っているなんてこともあるかもしれません。

外国にいけば日本では何もないのに罰金を科せられるなんてこともある。

 

あなたが生きていくうえで、なにかのきっかけからぜひ浅くてもいいから知識を拡げていってみてほしい。

そしてその中で特に自分に関係することがあればどんどん深掘りしていくクセをつけていってほしい。

優しく何でも教えてくれるなんてことはない。

知らないと単純に損をする世界なのですから。