美容師のためのお金に対して余裕がうまれるたった1つのやるべきこと

美容師のお金のため

美容師になりたいと思ったあなたはもちろん髪だけでなく服や身につけるものにも興味があることでしょう。

おしゃれに敏感であればあるほど、あれも欲しいこれも欲しいという物欲はかぎりなくあると思います。

女性であればメイクにもお金はかかってくる。

しかし残念ながら美容師の給料はアシスタント時代は特にすくない

スタイリストになってからも指名客がしっかりついて歩合が大きくとれるまでは一概にもいいとはいえないのが今の美容室の大半の給料体系。

そんな限りある収入の中から家賃、食費、光熱費にスマホ代など生活費をひけば、手元には思っていたよりもわずかな金額しか残らないと思います。

しかもそのわずかに残った金額の中から、ウィッグやシャンプー、トリートメントなどのレッスンに必要なものを捻出していくと、自由に使えるお金が1万円もないというのが私の入社当時の経済状況でした。

とにかくお金がなかった。

あなたは今どうでしょう?

立場はアシスタント、スタイリストと様々かもしれませんが、レッスンがあるうちはお金に余裕があるという方は少ないのではないでしょうか?

お金に余裕があれば心にも余裕がうまれます。

それは思いもしない好循環をつくりだしてくれる。

お金中心の人生から解放されるだけでも大違いだからです。

好循環をうみ出す、お金中心からの脱却をするお金との付き合い方をここでは紹介していきます。

 

わずかでもいいからまず貯めてみる

私自身はまだ入社したての頃は7つの習慣にも出会っていなかったのもあり、まさに仕事とお金中心の毎日をすごしていました。

なにより毎日がキツ過ぎてただ日々過ごしていくので精一杯。(簡単な詳細はプロフィール参照)

お金中心で、仕事中心で何がいけないの?

『人生のコンパス』と『ゴールのある地図』を持っているあなたならよくわかると思うからここでは省きましょう。

詳細は

理想の未来のための必須ツール2つをまず手にいれよう

をみてほしい。

 

とにかくあなたの理想とする未来へと続く『ゴールのある地図』の道順から気づいたら外れていってしまっているという状態になってしまいます。

だからお金中心の人生を脱却するための新しい習慣を実践してほしい。

それは、わずかでもいい。

お金を貯めていくこと。

それは実はとても難しい。

私も実際そうでした。

しかし習慣というのは面白いもので、いったん根付いてしまえば逆に変えるのも難しい。

 

たとえ話をしましょう。

真っ平な道の上に人間大の鉄球があるとします。

この鉄球は、あなたのお金を貯められずにいる今現在の行動や習慣でなかなか動かせないほどに重い。

しかし100m先のゴールまで押せばお金が貯まっている状態になるとしましょう。

1m1万円と考えてみたら面白いかもしれないですね。

 

まず、あなたはその鉄球を押すかどうか?

もちろん押さない選択肢もあります。

素通りしてしまってもいい。

しかしその鉄球はあなたのお金を貯められずにいる行動や習慣なので、そこから動かないならその後も同じ結果がついてきます。

それを変えたいと思うなら押しはじめるのではないでしょうか?

 

そしていざ押してみると・・・

びくともしない。

だけど全身をフルに使って今もてるすべての力を振り絞って思いきり押せば徐々に動きだしたことがわかります。

最初は数㎝かもしれない。そのまま力を抜かずに押しつづければ気づいたら1m、2m。

10mも過ぎれば丸い鉄球はコロコロ転がっていくので軽く手を添える程度の力でどんどん転がっていきます。

もちろん最初の段階では手をはなせば止まってしまう

20mで満足できるのであれば手を離せばいいでしょう。

しかし最初は目一杯全身の力を振り絞って押しに押して数㎝しか進まなかったのが、手を添えている程度に軽く押しているだけでどんどん進めるようになっているのです。

途中からは何も考えずとも気づけば100mくらい余裕でいくでしょう。

あなたの手元には100万円がある状態。

 

どうでしょう?

そんな単純じゃないよと思うかもしれませんが、原理はそこまで違ってはいません

鉄球を押すかどうか?という選択肢はお金を貯めようと思うかどうか?

『人生のコンパス』と『ゴールのある地図』の中でお金も必要なら動いたほうがいいでしょう。

そして何より肝心なのが、最初に押す時がとにかく大変だということ。

貯めようと最初は思うかもしれないが、それが習慣化する前に力を抜いてしまうことが多々あります。

重すぎる鉄球を押すのが大変で、しかも先が遠すぎて数㎝で手を離してしまいます。

習慣化するというのは手を添える程度の力でコロコロ転がっていく状態と一緒。

要はそこまでの状態にさえ持っていければいいのです。

金額はさほど関係ありませんが、押すのに無理をし過ぎて怪我をしてしまっては治療代(散財する)がかかってしまいますし、それ以上押すことが出来なくなってしまいます。

1番最初から大きな金額を確保しようと無理な金額設定をしてしまいがちなのです。

それはいずれ怪我をして動かせなくなるのと一緒。

最初に力いっぱい押すというのは大きな金額を最初から貯めるということではありません。

今までしてこなかったことをする。

今までの習慣を変えるということが大きな力を使うということだと思ってほしいのです。

なので無理はしません。

1000円でもいいのです。

毎月給料日にその金額を貯めていくようにし、そのお金には手をつけないようにするだけ。

できれば別の口座に移すのをおすすめします。

 

金額が重要なのではありません。

貯めるという習慣を身につけることが大事なのです。

鉄球が小さな力でコロコロ転がっていくところまでぜひ頑張ってほしい。

次は美容師にとって無理なく効果的に最大の成果をだす貯金の考え方と具体的な金額設定の話を紹介していきます。

 

バビロン大富豪の教え

【バビロン大富豪の教え】という本をご存じでしょうか?

ざっくりいうと、幸せにかつ大富豪になるには?ということが書かれている本(モノスゴクザックリイッタ)で、今は漫画版もあるのでぜひ1度は手にとって読んでほしいと思います。

この本から学べることは他にもあるのでまた違う機会にでも紹介したい。

 

この本では、【収入の1/10を貯金せよ】という内容がでてくる。

人の欲望は満たされればまた次の欲望が生まれ際限がない。

簡単にいえば収入があがればその収入に対して生活レベルをひきあげていってしまいます。

それは収入が増えたとしても貯まるものも貯まらないということ。

今までとほとんど何も変わらないのです。

だから最初から1/10を貯金するものとして、残りの9/10しか最初から手元にないと思うこと。

その9/10で生活をし、必要な経費をまかない、さらに残るお金で欲しいと思うものを考える。

それが9/10の中におさまらないなら残念だが次の収入の9/10の時に残るお金と足して捻出をするようにするのです。

本の言葉を引用するなら

『残りの9/10で叶えられない欲望を諦める』

というもの。

1/10と聞くとそうでもないように聞こえますが、実際15万円の手取りだとすれば15000円。

美容師の給料は最初は高くないですし、その中から生活費の他レッスンに使うものを買い足していくと本当に手元に残るのはわずかになってしまいます。

あなた自身の最低限毎月必ず出ていくという金額を1度しっかり計算してみてほしい。

 

ちなみに私の入社したばかりの頃の給料は手取りで13万円ないくらいでした。カナシイ

その中から家賃、水道光熱費、食事、ちょっとした生活用品、スマホ代(当時はまだケータイ)、国民年金(当時はまだ厚生年金ではなかった)を引くと手元には約2万円ほど。

その中からさらにレッスンに使うシャンプー、トリートメント、ウィッグを買うと1万円も残らない。

(シャンプーもトリートメントも社販価格でも結構高いものだった。でもこれにはいい面があったのでまた別の記事で紹介したい)

1/10を貯金にまわせという話でしたが、1/10である13000円が手元に残っていませんでした。

 

私が上で習慣をつくってほしいと言ったのをおぼえているでしょうか?

金額ではない、と。

あなたが最低限毎月使う金額がわかれば、残りの金額もわかるはずですよね?

その中で自分が絶対に手をつけないですむ最低限の金額を設定するだけです。

 

8000円が手元に残るとしましょう。

8000円丸々貯金してはいけません。

余裕がまったくなくなってしまいます。

新しい服だってほしいはずです。

半分の4000円ではどうでしょう?

3000円なら?

1000円だって構いません。

その設定した金額には絶対に手をつけずに毎月必ず貯金していく。

習慣が完全に身につけば余裕が生まれてきます。

そうするとさらに貯めやすい好循環が生まれてくるのです。

そのためにまずはあなたが今必ず貯められる金額を決めることから始めましょう。

 

金額じゃなく習慣がとにかく大事

鉄球がコロコロと楽に動かせるようにまでなればあなたは習慣を身につけている状態になっています。

月日がたてば給料も上がっていくでしょう。

歩合があれば自分の頑張り次第でアシスタントでも給料はあげられます。

その時に再度無理のない金額設定をしなおすのです。

今回1000円ずつだけ毎月貯金していくと決めたなら、半年たって余裕がうまれてくれば3000円に増やしているかもしれない。

今までは余ったお金を貯めていたかもしれませんね。

そして欲しいものができれば切り崩してかっていたかもしれません。

しかし今回のこのお金に関しては手をつけない。

ずっと続けていくとまとまった金額が手元にあることになります。

そのお金は必ずのちのあなたの選択肢を拡げてくれます。

独立を考えだしてからいざ貯めようと思っても習慣がなければ貯まるものも貯まりません。

それだけ重い鉄球を動かしだすのは大変なのです。

 

もう一度言います。

金額じゃありません。

習慣が大事なのです。

ぜひ実践してほしい。

 

ただ、やっぱり毎月の給料が安いという現実はツラい。

しかしそれもお店の給料体系に少なからず左右されますが、増やす方法はあるはずです。

あとはそれを活用できるかになってきます。

次は毎月の収入を増やす方法アシスタント編について書いていきます。

スタイリストの方も読んで損はないのでぜひ。

美容師アシスタント編月収を増やす4つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です