美容師のスタイリングをお客様が再現しやすくなる教え方

美容師のスタイリング再現

あなたは美容室に来てくれたお客様をスタイリングしてかえしますよね?

ブローをしたりアイロンを使ったりしてツヤツヤ綺麗な髪でさすが美容師さん!ってくらいのスタイルを作ってあげてお客様を送り出すでしょう。

お客様は大満足なはずです。

そう、それは普段の自分ではできないスタイルをあなたが提供しているからです。

しかし次の日からはお客様自身がスタイリングをします。

お客様が同じように再現できるようにスタイリングの仕方を教えられていますでしょうか?

あなたからしたら当たり前で簡単なものでもお客様からしたら意外とできないことが多い

お客様自身が再現しやすいやり方をお客様にあわせて教えてあげましょう。

 

あなたはプロでお客様は素人

スタイリストであるあなたがするスタイリングの仕上がりはお客様からするとあなたが思っている以上に上手に仕上がっています。

スタイリングを美容師がしたように上手にできるお客様はひと握りだと思って接するくらいでちょうどいいです。

あなたはプロでお客様は素人ということを再認識してほしい。

そしてお客様一人ひとりスタイリングにレベルがあるとしたらピンキリです。

上手にできる人もいれば全くできない人もいます。

そして普段使っているものからして違います

美容室に置いてあるあなたが使っているドライヤーにしても家庭用ドライヤーと比べると同じように使っても仕上がりに差がでます

まずあなたはお客様が普段何を使ってどのようにスタイリングしているかを知ることから始めましょう

それを把握したうえで、そのお客様にあったスタイリングの仕方できるだけ簡略化して教えてあげましょう。

お客様自体がスタイリングを難しいと感じたらしなくなってしまいます。

スタイリング剤の販売もできなくなりますし、何よりお客様が再現できないスタイルは満足度が低くなってしまいがちです。

紹介数も伸びにくくなってしまいます。

スタイリングを上手に教えることであなたにとって大きなバックが見込めることも頭に入れておきましょう。

 

お客様にスタイリングを実際にしてもらう

普段アイロンを使う方に対してこんな風にしたらいいですよ!こうやって巻いたらいいですよ!

と仕上がり具合だけみせてもそれを実際に再現させるのはお客様からしたら実は難しい

アイロン1つとってもされる側とする側とだと持ち方も違いますし、巻き方にしても随分変わります

後ろやトップのやり方も全然違ってきます。

お客様に再現してもらう1番の方法は実際にやってもらうことです。

どのように毛先をもち、どんな風に巻いていくのか短時間でわかりやすく説明するのです。

アイロンを手渡して実際にお客様にしてもらいましょう。

最後の崩し方まで実際に自分で1回経験するのとしないのとでは全然違います。

ある程度コツが掴めたような反応が得られたら最後はあなたがしっかり作り直してあげればいいのです。

よくを言えばあなたが仕上げた今回のスタイルを写真に撮ってあげましょう

お客様がセットする際の参考にしてもらうためです。

その中でボリュームを出す、ここは抑えるなどポイントになる部分を伝えてあげられればさらに再現度は高くなるでしょう。

また、そのお客様がアイロンをもっていない、もしくは普段使わないのならマジックカーラーなど手軽に使えそうなものを代用品にしてもいいでしょう。

ようはお客様自身が再現しやすければなんでもいいのです。

ブローにしてもツヤの出しやすい簡単な方法を教えてあげればいい。

その辺はまたブローの話について書くときにでも詳しく書いていきます。

 

使うスタイリング剤によっても変わるでしょう。

その場で手がワックスなどで汚れてもいいという方ならワックスを取る量から伸ばし方、どのようにつけて形を作っていくかもお客様自身に経験してもらうのが1番です。

あとで手を洗ってもらえばいいのですから。(ネイルをキレイにしている方など事前に確認をとるのはお忘れなく

しかしあなたはプロなので、あなたのやり方をそのまま取り入れようと思ってもお客様にとっては難しいこともあります。

逆にお客様が簡単と思えれば今回のスタイルを再現しやすくなるはずです。

 

スタイリングの仕方をあなたが簡単にしてあげる

休みの日なら時間をかけることもできるでしょう。

しかしみな学校や仕事に育児などさまざまな理由で朝は時間がないものです。

20分も30分もセットに時間をかけることはなかなかありません。

私はどんなスタイルでも5分以内でセットが終わるようにいつも考えて伝えていました。

今回あなたが作ったスタイルを再現するのに、余分な部分や難しく感じそうな部分をすべて取り払って、必要最低限でできる方法を考えて教えていくのです。

ながらで出来る方法も活用すればお客様はより楽になるでしょう。

 

例えばトップにボリュームを出して首元をしめ、サイドにエアリー感を出し全体にツヤもある前髪は流すショートスタイルを提供したとしましょう。コレ5フンイケルカナ?

あなたならどんな風にセットするのでしょう?

ツヤを出すのとトップにボリュームをもたせるためにブローする。

前髪も流れるようにブロー。

サイドを動かすためにワックスやスプレーを使うかもしれませんね。

慣れているあなたならすぐに終わるかもしれません。

しかしお客様はそれを聞いたらちょっと難しいと思うでしょう。

普段ブローしないとしたらなおさらです。

 

ではこんな風に教えてはどうでしょう?

スプレータイプの洗い流さないトリートメントを軽く、本当に霧吹きした中をくぐるくらいほんのりかけたらブラシでとくだけ。

ブローをするとかじゃなくもうドライヤーすら使わない。

トップにボリュームや前髪を流すには?

マジックカーラーを使ってみましょう。

前髪に1つとトップからその後ろに2つだけ巻くだけまいて時間をおいてもらう。

そのおく時間をメイクとか他にしなくちゃいけないことをしてもらってたらいいでしょう。

メイクが終わればカーラーをとって軽くワックスで全体くしゃくしゃしたあと手ぐしでボリューム出し過ぎたところや首元をおさえてサイドを軽くスプレーして全体整えたら終わり。

途中メイクをしながらを活用すると実際セットにかかる時間は5分程度でおさまります。

教えるべきはカーラーの巻き方とワックスでくしゃくしゃとボリュームの落とし方に重点をおいて実際にやってもらってコツを掴んでもらうこと

美容室においてるならカーラーも販売できますね。100均でも今は手にいれられますし。

セットの方法をあなたが簡単にして教えてあげるだけで再現度は一気に高くなります。

どんな仕上がりにしたらいいのかはあなたが作ったスタイルを写真に撮ってあるのだからコツがわかればそれを参考にボリュームを出すところおさえるところ、動かすところなど日に日に慣れていくでしょう。

お客様自身もスタイリングが楽しくなっていってくれるでしょう。

キレイにスタイリングできて周りに褒めてもらえればなおさらです。

より簡単に、できれば5分以内で終わるようなスタイリングの仕方を考えて教えてあげていってください。

そのお客様はあなたの作るスタイルの歩く広告塔です。

いつもキレイにセットされているだけで周りの方にどうやってしているのか聞いてくる方もいるでしょう。

そこから紹介に繋がる可能性もあります。

お客様が毎日再現できるようにしてあげましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です