美容師を辞めたい時の選択肢は3つ!読むだけで整理でき選べる最適解

美容師を辞めたい時の選択肢は3つ!読むだけで整理でき選べる最適解

悩み

  • 美容師を辞めたいけどどうしようか悩んでいる。
  • もし仮に辞めないで頑張っていこうと思ったらどうなる?
  • 美容師を辞めたらその後どうしたらいいか分からない

という悩みを解決する記事になっています。

この記事では、『辞めたいと思った時に整理すべき内容、抑えるべきポイント、今後について』を紹介していきます。

記事を読み終わることで、辞めたい理由や望むことが改めて整理でき、今後どうしていったらいいかの最適な行動がはっきりします。

気分を新たに1歩を自分の望む方向へ踏み出していけるようになりますよ!

 

美容師を辞めたいと思った時の選択肢は3つ!

美容師を辞めたい・・・とあなたは悩んでいるからこの記事にたどり着いたのでしょう。

結論から言うと、あなたは下の選択肢の中のどれかを選びます。

選択肢
  • 今辞める
  • 後で辞める
  • 辞めない

辞める辞めないの2択じゃないのは美容師という職業が技術職でもあるからなんですよね。

よくあるスタイリストになるまでは辞めない!というものですが、それにとらわれ過ぎると最適解なんて選べません

この3択のどれかを選ぶための判断材料をどんどん出していきます。

まずは今あなたが辞めたいと思っている理由を改めて自分に問いかけてみてください。

 

美容師を辞めたい理由をまず理解する

辞表

ただ漠然と美容師を辞めたいと思っている方もいるかもしれませんが、実は気づかないところで確かな理由が存在しています。

こうしたい!こうでありたい!という願望が強ければ強いほど、現状とのギャップに耐えられなくなっていく。

願望を叶えるためには行動が必要で、その原動力となるのは【明確な動機】です。

あんなになりたかった美容師にやっとなったのに、なぜ辞めたいのか?

確かな理由をあなた自身の中で整理することが大事です。

さっそく代表的な美容師を辞めたい理由をあげていきましょう。

 

収入、給料が少ない

美容室によっても給料体系はさまざまですが、美容師の平均年収は一般的なサラリーマンよりも低いのが現状です。

トップスタイリストならまだしも、アシスタント時代は歩合制だとしても給料は低い。

社会保険に入っていないところもいまだ多く、年金や健康保険も給料の中から負担しなければいけません。

それだけでなくレッスンに使うウイッグだって自己負担です。

流行のファッションやメイクだって興味のある美容師ですから、欲しいものもあとを絶たないでしょう。

アシスタントの期間も先輩をみればどのくらいか想像できますし、スタイリストになったからといってすぐに給料が増えるとは限りません。

いつもお金のことを気にしなければいけない生活は、思ってる以上にストレスを抱えます。

美容師を辞めたら今よりも自由に使えるお金が増えるだけじゃなくて、給料自体が増えそう・・・。

 

労働時間が長い

労働時間というよりも、1日の拘束時間が長いと言い換えたほうがしっくりくるかもしれませんね。

営業時間も長めなのに、さらにレッスンがあるから朝から1日の終わりまでずっと美容室にいるのでとにかく時間がない。

遊ぶ時間がないから気分転換もしずらいし、身体を休める時間も短いからいつも疲れぎみ。

休みの日以外に自由のきく時間がなさすぎて、美容師を辞めたらもっと自分がやりたいと思ったことができそう・・・。

 

休日が少ない

労働時間の場合と思うところは大体かぶっていることでしょう。

週休2日だけじゃなく週休3日もある大手企業もあるのに自分は週1休み。

月に1度の2連休のみが唯一の連休なんてありえない!と思ったり。

有給なんて制度本当にあるの?っていうレベルでとったことない人もいるでしょう。

2泊3日の旅行の計画すらたてられませんよね。

 

身体的に限界

これは本当につらいところで、手荒れがひどくなりすぎてもう限界という方。

腱鞘炎がひどくなりすぎて続けられそうにない・・・。

など泣く泣く美容師を続けること自体が難しくなった方もいるでしょう。

他にも精神的にきてしまってこれ以上は無理と思っているかもしれません。

 

人間関係が合わない

この人とはどうやっても合わない!と思うだけでなく顔に出てくるほどの拒否反応がでているかもしれません。

とにかく苦手で話したくない。

理不尽に怒られたりなど自分の価値観と相いれない場合に浮き彫りになる問題です。

こだわりの強い方も多いので方向性が違うだけで衝突することもあるでしょう。

人との関係ほど厄介なものはありません。

 

美容師に向いていない

なんとなく解ってはいたけどいざ働いてみると、こんなにも合わないと思い知らされた場面が数ある。

接客が苦手でいつも愛想笑いしてることが多い方。

練習してもなかなかうまくならず技術に自信がもてない。

だからクレームがおこるたびに思い知らされることになる。

 

 

もちろんこれらの中に当てはまらない違う理由で辞めたいと思っている方もいるでしょうし、これらがいくつも重なって嫌になっている方もいるでしょう。

これら辞めたいと思う内容の大半が、あなたが思い描いていた理想と現状がかけ離れているせいです。

美容師になりたい!独立して自分の店をもつ!

など輝かしい夢で、力強い明確な動機は美容師になるきっかけなだけで、今実際に現実とむきあって出てきている気持ちはとても大事なものです。

逆を言えばあなたの理想です。

あなただけの辞めたい理由がしっかり理解できたら、望むものを考えてみましょう。

制限はありません。最大限の夢を描いていきましょう。

 

職場に望むものを理解する

職場に望むものなんていくらでも思いつくと思うかもしれません。

たくさん出してください。とても大事なことですから。

その中でもこれだけは譲れないというものがあるはずです。

美容師を辞めたいと悩んでいるからこそ上で辞めたい理由について改めて考えてもらいました。

そしてここで考えることがあなたの辞めたい本当の1番の理由です。

 

これだけは譲れないものというのは、あなたにとっての優先順位が1番高いものになります。

  • 給料はもっと欲しいけど、人間関係の問題さえどうにかなるなら美容師好きだし続けたい。
  • 人間関係悪くても給料が高ければ我慢するのに。
  • 拘束時間も長いしそもそも給料が低すぎるから好きなことが何もできない。職種自体を変えないと時間も給料も話にならない。
  • 休日は土日の完全週休2日で有給もしっかりとれるところならどこでもいい。

などなど優先順位は人それぞれです。

これで辞めたい理由だけでなく、職場に望むものが明らかになりましたね。

それを今の職場で叶えられなさそうなら辞めることに前向きになってもいいのでしょう。

逆に明確になったことで自分で変えてやるくらいの意気込みで取り組んでいくのもアリかもしれませんね。

美容師が好きなら。

 

美容師を辞めたいなら先に他の職種を考える

美容師を辞めるとしても何らかの仕事にはつきますよね。

美容師以外にどんな職種があるのか前もってしっかり調べておくべきです。

美容師以外の職種

  • 活かせるところで同じ美容系
  • ファッションが好きならアパレル系
  • 接客を活かして営業職
  • 全く逆で事務職
  • 技術職
  • 金融
  • IT系
  • YouTuber

などなど調べだしたらキリがないほど出てきます。

あなたは今美容師を辞めたい理由と望むことがしっかりイメージできているはずです。

どの職業でもきついことは同じようにあります。

なんとなくよさそうではなくしっかり意識してみていってほしい。

美容師もはたからみればもの凄く魅力的にうつる職業だとわかっておいてもらいたい。

傍から見える美容師像

  • 華やかで髪型もファッションも自由
  • おしゃれの情報も最先端で入ってきそう
  • トークもうまい
  • 給料も歩合制のところを選べば自分の頑張り次第であげられるのがいい

などキラキラして華やかさに溢れた美容師像が実際に外からみた印象です。

休みが少ない。社会保険に入ってない。拘束時間長いなどあなたが嫌で辞めたいとまで思うところがみえていないのです。

だからこそ興味がある職業を調べるときにはしっかり意識してみてください。

みるべきところは整理して明確になったあなたが職場に望むことです。

 

美容師としての未来を改めて確認しよう

美容師

もしあなたが美容師を辞めないと決断したときにみえてくる美容師の未来をあらためて確認しておきましょう。

美容師の未来

  • 独立して自分の美容室を開業
  • フリーランス美容師として独立
  • 今の会社(美容室)のマネージャーや社長

他にもいろいろな働き方があります。

客観的にみても美容師の働き方はバリエーションがありますし、若くして経営者も多くいます。

その収入はスタイリスト時代の比ではありません。

技術の習得だけでなく薬剤や髪に対する知識も必要で苦労も絶えませんが、その先にある可能性も大きなものです。

もちろんうまくいくかはあなた次第。

経営の勉強だってしなければいけませんし、甘い世界でないことはわかるはずです。

それを補ってあまりある可能性が美容師の未来にもあるということを理解しておきましょう。

 

美容師を辞めたい時の3択とその後の最適解

ここまで読んできたあなたは辞めたい理由も職場に望むことも整理できて、どうすることが自分の本当に望むことなのかがイメージできたでしょう。

だからこそ3択を選びつつ自分にとって一番の理想はこれだという最適解を掴んでいけるはず。

あらためて美容師を辞めたい時の選択肢は3つです。

選択肢
  • 今辞める
  • 後で辞める
  • 辞めない

今辞める

明らかにもう美容師への情熱がまったくないのでしたら出来るだけ早く辞めることがあなた自身にとってのプラスです。

ただし今辞めるといっても社会人としてのマナーもありますから、明日から何も言わずに辞めるということは避けるべきです。

退職願いをだして円満退社が理想ですが、無理なら退職代行もあります。

そして辞めることと同時に次の仕事へのアプローチをしていきましょう。

自分で理想とする職場を開拓することもできます。

おすすめは転職サイトでのマッチングです。

理由は単純で、今までのキャリアを活かしつつあなたの適正も踏まえてキャリアアップ(収入アップ)が狙えるからです。

求人数が多くサポート機能が多いところをベースにしつつ、目指す職種や条件にあわせて登録してたくさんの求人から探していきましょう。

スカウト機能も駆使しつつ、転職エージェントの相談も活用してあなたに最適な職場を見つけていきましょう。

 

後で辞める

後で美容師を辞めるということは、保険をかけておきたい人でしょう。

いったん問題を棚上げできる余裕があるとも言えます。

状況次第では他の2択のどちらかを選んでいくのですが、今この瞬間あそこまでは頑張っておいた方がいいと考える。

1番いい例がスタイリストになるまでは頑張る!ですね。

他の仕事にうつってはみたものの、やっぱり美容師で頑張ってみたい!と思うかもしれないと心のどこかで感じているのでしょう。

美容師という仕事自体は好きだけど、違う原因で辞めたいと思っている人が選びやすい。

そんなあなたにはこちらを一度みてみてほしい。

悩みを抱えるすべての美容師へ

悩みを抱えるすべての美容師へ

2020年6月18日

 

辞めない

辞めないことを決めたあなたは美容師としての可能性だけでなく、自分の中にある美容師としてありたい情熱をあらためて確認できたからでしょう。

辞めたいと悩んでいた理由は取り組みかた次第で改善できることもあります。

例えば、給料がすくなければ増やせばいいのです。

方法に関してはアシスタントなら

美容師アシスタント編月収を増やす4つのポイント

を参考にしてみてほしい。

また、スタイリストなら

美容師スタイリスト編月収を増やすためのおさえるべき3つのポイント

という記事もあります。

他にもケミカルの知識関連など美容師として頑張りたいというあなたの助けになる記事を用意していますし、今の時代技術もYouTubeで調べればほぼ出てきます。

どうしても人間関係が嫌なら美容師は辞めなくても美容室を移ればいい。

美容師としての理想を叶えてほしいからこそあなたにはこちらをおすすめしたい。

理想の未来のための必須ツール

理想の未来のための必須ツール2つをまず手にいれよう

2020年6月24日

 

 

どの選択肢も、間違いもなければ正解もない。

ただ、あなたが考え行動したことが未来を作っていきます。

自分にとって後悔のない、前向きな選択を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です