美容師の技術にさほど興味ないことからわかること

結果がすべて

残念なお知らせ的な感じになってますが、実際大半のお客様はキレイになりさえすれば美容師の技術にさほど興味なんてないのが現状です。

カナシイですね。

残念で悲しいかもしれませんが、ほぼ事実です。

中には好きな人も確かにいます。

それは一部で、大半のお客様は結果がすべてであって、仕上がりが満足できるかどうかです。

じゃあ技術なんてそこまで突き詰めなくていいじゃんと投げやりになるかもしれません。

でもそんなわけにはもちろんいきませんよね。

技術がないとリピートなんてしてくれるわけないんですから。

ただ、1つおさえておいてほしいのが、キレイになりさえすればいいというのが大半の考えだということです。

 

時間は短いにこしたことはない

来店してからお見送りまでに内容によってこれくらいの時間がかかるというのはわかるでしょう。

それに対して、この技術は難しいからこれくらいの時間がかかるのは当たり前なんて思っていないでしょうか?

ここはこだわりたいから時間がかかるというのも、あなたの自己満足かもしれません。

そして思い込みもあるのではないでしょうか?

カットで予約されたお客様にたいして、何分時間をとるのでしょう?

2時間なんてことはないですよね?

では1時間?

30分という人もいるでしょう。

 

実際には受付からカウンセリング、シャンプー、カット、アフターカウンセリング、商品など説明は技術中に組み込んでお会計とお見送りで1時間で設定。

というのが一般的な美容室の予約の取り方ではないでしょうか。

なので実質カット自体は1時間かけられない。

では同じ距離に美容室があって、値段も仕上がりもほぼ同じお店の雰囲気も美容師との相性もばっちりなんてほぼないようなことがもしあったとしましょう。

片方は1時間、片方は45分で毎回終わるとします。

どちらが選ばれやすいでしょう?

大半が時間が短い方になると思います。

それだけみんな他にも時間を使いたいはずです。

 

 

技術そのものじゃなくあなたに価値を感じている

確かに技術でのこだわりは大事です。

それがあなたの仕上がりに直結しているならなおのこと譲るべきところではありません。

しかしお客様はそれをいまいち感じられないかたもいます。

うやってカットしているからスタイルの持ちがいいというのに気づくお客様はまれです。

というか同業者出ない限り素人さんならほぼ皆無でしょう。

あなたが切っているから持ちがいいとは思うくらいでしょうか。

 

そうなのです。

技術がどうのこうのではないのです。

あなたが切っているからキレイなスタイルになる。

あなたのカラーだから色がいい。

あなたがしてくれるからつやつやさらさら。

やっぱり結局技術に興味があるわけではないのです。

あなたという美容師に価値を感じてあなたのもとへと毎回美容室に足を運んでくれるのです。

 

 

仕上がりが最高であるために美容師は技術を追い求める

 

仕上がりが最高であればお客様は大満足です。

どこよりもキレイにしてくれるのならあなたのもとへあしげもなく通ってくれるでしょう。

そこに技術のうんちくは必要ありません。

キレイであるために美容室以外で必要なことはお客様も興味があります。

それはホームケアの方法だったり、使う商品だったり。

使うドライヤー1つとってもこれはというものを知りたいはずです。

それはキレイを持続させるに必要なものだからです。

そこはしっかりお伝えしていくべきことです。

 

しかしそこに技術がこうだからこうなっているということは関係ありません。

キレイであることにあなたという美容師がただ頑張るだけで、お客様にはその工程は関係ないところだからです。

 

お客様は結果仕上がりが最高であればいいのです。

そうするため美容師であるあなたは技術を追い求める必要があるというのも1つの解でしょう。

しかし結果がすべてなので技術にはさほど興味がないということは理解しておきましょう。

残念ですけどね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です