【紹介数激増】美容師スタイリストの紹介数を劇的に増やす紹介術

紹介数激増

紹介してもらうにはまず紹介をしてくれる今現在のあなたの既存のお客様が最低でも満足を得ている必要があります

満足もしない美容室やスタイリストに大切な家族や友人を紹介することはないからです。

美容師のスタイリストの方に対する満足度をあげ、紹介数を増やすためにはまずはカウンセリングありきなので、まだ読んでなければ

【美容師指名客増加】カウンセリングで重要視するたった1つのこと

こちらを実践することを前提としているのでぜひ先にご覧ください。

そして紹介を増やすにはカウンセリングだけでなくもちろんあなたの技術や接客も重要な1つの要素になります。

そこは日々磨いていくしかありません。

急にうまくなるなんてことはないからです。

しかし先ほどの【カウンセリング】の重要視する点に沿っていくことで紹介を得られやすい状態にはある程度持っていけます。

そこからのアクション1つで結果に劇的な変化をもたらすことをまず知ってほしい。

 

会話の中から紹介してほしい人を絞り込む

あなたはお客様の来店から送り出すまでの間に様々な会話を交わすことでしょう。

その中には技術的な話もするかもしれませんし、ケアの仕方、スタイリングの仕方だけでなく世間話もするのではないでしょうか?

実はその話の中には紹介してもらえそうな人のヒントがたくさん詰まっています。

あなたにとって紹介で来てくれる人を宝だとすると、会話の中に宝に出会えるためのポイントが隠されているのです。

それをまずみつけることから始めましょう。

 

ここで1つ例え話を。

そのお客様が今回毛先のダメージを気にしてカットしたくて来店されているとしましょう。

あなたはカウンセリングでお客様の本当の悩みを聞きだしていきます。

毛先のダメージは度重なるカラーからくるものが原因の1つでしたが、よくよく話を聞いていくとカラーの色落ちが早いことも不満なことが出てきました。

毛先のダメージが激しいところを切れば改善されるのではないか?とお客様は考えての来店なのです。

さらに突っ込んで話を聞いていくと、実は子供がまだ小さく寝かしつけるのに夜自分の時間が思うようにとれず、ドライヤーもそこそこに髪が生乾きのまま寝ているのをずっと続けているのがわかりました。

ダメージも気になるのにケアはお風呂場でするトリートメントのみ。

 

 

はい、ここまで。

ここまでの話であなたは何を提案するでしょう?

ダメージの軽減のために毎回カラーを毛先までではなく根元だけするのを2回に1回にして様子をみていくことも考えられます。

何よりしっかり乾かして寝てくださいとアドバイスするでしょう。

今の生活習慣で難しいのならお風呂に入る時間自体をもっと早く入れる時間帯があればそれに変えてみては?ということも伝えられるかもしれません。

また、洗い流さないトリートメントのおすすめもする。

それでお客様はとても満足するとしましょう。

こんな方法で髪をキレイに保てるんだ!と。

では、これらの話の中で紹介してもらえそうな人が想像できるでしょうか?

えっ?いた?って思わないでくださいね。

考えてみましょう。

ダメージが気になる人なんてのは言葉にしなくてもほとんどの方がそうですし、何より『あなた髪傷んでるから行ったほうがいいよ』なんて言葉は、お客様自体家族や友人、知り合いに言いにくいことでしょう。

髪へのダメージについてももちろん大切で、お客様への伝え方に気をつけるべきですが、ここではそこよりも【子供が小さくて夜時間が取れない人で髪にたいして悩みがある】というところに着目しましょう。

小さな子供がいるお客様のママ友にも同じような状態の方がいる可能性は高いでしょう。

夜ではなく朝スタイリングに時間をさけない人もいるかもしれませんね。

あなたは最後に

『ママ友で同じように時間がない方や悩みがある方心当たりあります?いましたらぜひ紹介してください』

と言ってみてください。

そのお客様が明確に紹介できそうな方を想像できるような声かけが理想です。

このようにあなた自身が会話の中からある程度紹介に繋がりそうな方を絞り込んで、それをお客様が思い浮かべられるようにしてあげるのです。

そこでもっと紹介で来られる方が来やすくなるようなツールを効果的に使うことでより紹介してもらいやすいようにしていきましょう。

 

紹介カードを効果的にフル活用する

あなたの在籍している美容室には紹介カードみたいなツールがあるでしょうか?

大体の美容室が準備してあることでしょう。

もしなければぜひ用意してほしい。

ない場合は店長にまず相談してみよう。

それでも用意してもらえなければ、自分で用意する許可と渡していいという許可をもらうことから始めよう。

今は簡単に自作もできる。

しかし美容室のブランドというものもあるので、自作する際にはデザインにも気を配る必要もあるので、許可なく安易にカードをプリントして作成したものを勝手に配らないようにはしておきたい。

名刺を作ってくれるところに頼んで作成してもらうのがコスト的にも手間的にも、ブランド的にも安心でしょう。

これは投資と同じです。

投資をするなら回収しなければただの浪費と変わりません。

100枚の紹介カードを自費で作成したとしましょう。

それを使って紹介を今よりも多く勝ち取り、そのお客様がずっと指名して来てくれるとしたら?

もの凄いリターンだと思いませんか?

美容師は特にこのような投資と回収に対する考えをしっかり持っておいた方がいいのでまた別の機会に書いていきます。

凄く大事なことなので。

 

カードを準備することが出来たとして、紹介して来てくれた方に対するその内容も美容室によっては様々です。

紹介して来てくれる方に対して初回の割引があることが多いのではないでしょうか?

他には紹介して来てくれた方だけでなく、紹介者にも割引があるお互いにとってメリットのある内容になっていることもあるでしょう。

他にもトリートメント無料というものもあるかもしれないですし、スタイリング剤やシャンプーなどのヘアケア商品の試供品などをプレゼントしているところもあるでしょう。

全く割引などないところもあるかもしれません。

が、もしあるのでしたらそれはあなたにとっての武器だと捉えてほしい。

武器にも様々な種類がある。

それを使いこなすことを考えてほしい。

剣が武器なのにいきなり投げたりしないでしょう?

まずは紹介に対する特典があるのでしたらそれをどのように使えば効果的かを考えるのです。

 

あなたの美容室の紹介カードがトリートメント無料だとしましょう。

紹介者にはなんの特典もないものとします。

『これ、紹介カードです。トリートメントが無料になるので誰かに渡してあげてください』

このようにただ渡すだけではなかなか紹介数は増えてくれません。

大体が財布の中で眠り続けることでしょう。

この内容ならもっと違うアプローチをした方が効果的です。

『周りに髪が肩より長い方って何人いますか?その中で〇〇様にとって大切な人にだけこのカードをプレゼントしてあげてください。初めての方はトリートメント無料になる紹介カードです。今回は2枚だけあげます。2人だけなので考えて渡してあげてくださいね』

どうでしょう?

なんだかこの紹介カードがとても貴重なもののような気がしませんか?

上で【そのお客様が明確に紹介できそうな方を想像できるような声かけが理想です】と書きましたが、この声かけの中には髪の長い方限定にしています。

そうすることで『あの人長かったな』と明確に想像できます。

髪の長い方はダメージに対する悩みを持っていることが多い。

そして自分にとって大切な人には喜んでもらいたいものです。

たった2枚しかないトリートメント無の紹介カードをきっと帰る途中で友人や家族のこの2人にあげようかな?など決めながら帰る可能性が高くなります。

自分に何の特典もなくてもです。

また、【今回は2枚だけあげます】という今回はというのがキモです。

その一言があるだけでほかに渡したい人がいるのならもうちょっともらってもいいのかな?となります。

今回渡された人が実際にあなたを指名して来てくれて喜んでくれたのを紹介したそのお客様がみたら、思い当たる他の人をさらに紹介してあげたくなるかもしれません。

その人数が4人となれば今度は4枚くださいとお客様から言ってくれることでしょう。

紹介の特典をしっかり理解して、より効果的に使っていくことを考えていきましょう。

 

声かけの仕方1つで紹介数が劇的に変わる

お客様の会話の中から紹介してくれそうな人を絞り込んでいき、その方をお客様自身が想像しやすいように声かけをしてあげるというものを1章で書きましたね。

2章では紹介カードの特典をしっかり理解して活用する形でお客様にお伝えする方法を書きました。

この2つは似ているようで、異なるアプローチの仕方です。

一方はお客様からの会話をベースに、もう一方は紹介カードの特典がベースになっています。

これらを掛け合わせることでさらに効果的に紹介数を増やしていくことが出来ます。

紹介してくれそうな方をあなたが絞り込んで、その方をお客様に想像してもらい、その方へ向けた紹介カードの特典をうまく活用する形で渡す時の声かけの仕方を一工夫するのです。

安易に紹介のお願いをするだけではなかなか思うような結果はでません。

まとめましょう。

  1. お客様との会話の中から紹介してくれやすそうな方を絞り込む
  2. お客様が紹介しようと思う人を想像させる
  3. 紹介カードを武器としてフル活用する
  4. 声掛けを一工夫する

 

紹介数が多いということは、それだけあなたに対する信頼が高いという1つの指標になります。

指名客の増加だけでなく、リピート率も高くなっていきます。

紹介数を増やすということはこのような副次的な効果をももたらしてくれるのです。

すると収入も上がっていくことでしょう。

この紹介術をうまく取り入れて実践していってほしい。

知識は行動してこそ価値に変わる。

楽しんでやっていってください。

次はこれをさらに高めるアフターカウンセリングについて書いていくのでお楽しみに。

指名客を増やすためにアフターカウンセリングを大切にする最大の理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です