努力があるからいつか点と点が繋がる

無駄はない

無駄な努力と思われるようなことが今までも、今も、これからもあるかもしれません。

しかし努力に無駄というものはありません。

それはれっきとした経験としてあなたの糧になっているからです。

周りになんと思われてもいいでしょう。

あなたが目的に向かって前進するためにしていることは1つの点かもしれません。

途中でうまくいかなくて新たな点として努力していたとき、ふっと点と点が繋がることがあります。

それは努力を、思考を、行動をし続けてきたからこそなのです。

 

 

努力に無駄はない

努力に無駄はない

美容師という職業はサービス業でもあり技術職でもあるので技術の習得にレッスンはつきものです。

自然と努力をせざる得ないことが多いでしょう。

そしてその努力の多くが試験の合格をして報われることになる成功の連続でもあります。

嬉しいし楽しいですよね。

ただ試験に合格すればそこで終わりではないのがまた面白いところでもあり難しいところでもあります。

お客様に指名してもらうためにあれをする。

売上を上げるためにこれをする。

アシスタントを教育するためにそれをする。

形や結果としてなかなか出にくいことにもたくさんの努力をしていくことがでてきます。

 

話を覚えるのが苦手ならカルテをもの凄く細かく書くかもしれません。

前に何を話したかをよく思い出せる人はきっかけになる言葉だけしかカルテに書かないかもしれませんね。

そしてそれを毎回来店日の前に全員分出してチェックしてから当日を迎えていたとします。

だからこそ今日そのことに気づいた!となった瞬間点と点が繋がります。

そういうことか!と。

 

カルテには技術的なことしか書かない人もいるでしょう。

やってきたからこそはじめて点と点が繋がった!という瞬間が訪れるのです。

最初に書いた通り努力に無駄はありません。

あなたの糧として今はまだ何もなっていないかもしれませんが、いつか芽吹く日を待っているのです。

 

 

点としての終わり

試験の合否のようにすべての努力に合否があるわけではありません。

結果として満足いくラインは自分で引くことが多いでしょう。

これだけできればいいか、と。

しかし中にはやってもやってもうまくいかないことだってあります。

努力に努力を重ねても全然うまくいかないことだってあります。

もちろん向き不向きあるかもしれませんが、それも踏まえたうえでうまくいかないまま諦めることがあるでしょう。

じゃあ無駄な努力じゃないか!

と思うかもしれませんが、何度も言うように無駄なものなんてありません。

そのやり方がうまくいかなかったということがわかったのですから。

エジソンの話になるので、詳しくは

アイディアが売上に繋がるかは行動こそが鍵

を読んでみてください。

やってみてやってみて自分の考えつく限りで全然うまくいかなかったとしたら、そこで一旦終わりにして新しいことに目を向けてみましょう。

点としての終わりを一度作るのです。

諦めるのとは違います。

一旦置いておく、と言ったほうが正しいでしょうか。

全然違うことに目をむけて取り組んでいてそこで得た経験から前のこれに応用できるんじゃないか?というようなことが出てきたりします。

常に1つのことに努力し続けていれば必ず結果がついてくるというようなことはなく、世界は甘くありません。

どうしてもうまくいかないことは一旦置いておく、点としての終わりを決断してみましょう。

 

点と点が繋がるとき

何年も前にうまくいかなくて放っておいたことに対して、今やっている全く違う計画にたいする努力の最中にこれ使ったらあれがうまくいくかも?!というように急に意外なところから点と点が繋がることがあります。

それはあなたがその時にしっかり取り組んできたからこそあなたの中に根付いていたからこそ点としてちゃんと残っていて、新たな点からの発見で繋がることが出来たのです。

努力してきたからこそ、その努力が糧としてあなたに根付いているからこそ繋がることが出来るのです。

 

それはちょっとしたひらめきかもしれません。

しかしそのひらめきも努力して取り組んでいるからこそ出てくるものです。

ほんとうに意外なところから繋がります。

何年も解けなかった難問がふとしたきっかけから一気にすべてが紐解かれるような瞬間。

得も言わぬ解放感です。

 

あなたの思考が、行動が、努力があるからこそ点と点が繋がって更に先へとつなぐ原動力となっていくのです。

苦しいと感じる時ほど、いつか点と点が繋がる時を楽しみに取り組んでいってほしい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です