指名客を増やすためにアフターカウンセリングを大切にする最大の理由

指名客を増やす

技術も終わり、お客様の望むスタイルが完成しました。

そのままお客様をお会計にご案内なんてことはないでしょう。

少なくともスタイリングの仕方などは説明するはずです。

しかし、あなたはどのように何を伝えていますか?

アフターカウンセリングと聞くとまた最初のカウンセリングのようにカウンセリングブースなどで話をするイメージかもしれませんが、そこまでかしこまる必要はありません

ただ、伝えるべきことを伝えさえすれば良いのです。

難しく考えず気軽に取り組んでほしい。

それをするだけで指名リピートにつながる可能性がグッとあがるのですから。

 

アフターカウンセリングをするべき

忙しいとどうしてもスタイリングの説明して挨拶もそこそこにアシスタントにお会計へのご案内をお願いしていることもあるかもしれません。

スタイリング自体もアシスタントに任せているかもしれませんね。

よほど信頼関係のあるお客様なら時間がない場合それも仕方がないのかもしれません。

しかしその場合はアフターカウンセリングで本来伝えるべき内容を技術中のどこかで入れるべきです。

そして時間の許す限りアフターカウンセリングを行いましょう。

そもそもなぜアフターカウンセリングをした方がいいのでしょう?

再度書きますが、それはあなたのリピート率に直結するからです。

また、その中で紹介のお願いを的確にすることで紹介数の増加も見込めます。

指名客が増えるからするべきなのです。

ではその内容をまとめておきます。

  1. 今回のスタイリングの仕方のコツ
  2. お客様のスタイルが今後の月日経過でどのようになるかの話(次回の提案含む)
  3. カウンセリングで聞きだした悩みの解決方法(ケアの仕方などアドバイス)
  4. 紹介術を駆使した紹介のお願い

 

必ずといっていいほどしているのはのスタイリングの話でしょう。

しかしこちらももっと突っ込んで話していくとかなりの確率でお客様のスタイルの再現度がグッとあがります

美容師は当たり前のように簡単にしているスタイリングもお客様にとっては難しいものであることも考えられます。

スタイリングをする際のコツを1つだけでいいので意図的に入れるようにしましょう。

それだけでも後のお客様の満足度アップにつながります。

にかく簡単に、かつあなたと同じように再現できる方法が望ましいです。

しかし、この中で特に大事になるのがになります。

この部分を徹底することでリピートしてくれやすくなりますし、の紹介数アップが劇的に伸びることに間接的につながるからです。

これら2つの話は具体的にしっかりお客様に理解してもらえるように説明していきましょう。

 

今回のスタイルだけでなくその後の話をする

お客様は今回のスタイルに満足したとしましょう。

ではそのスタイルの消費期限はいつまであるのでしょうか?

そのお客様が指名でいつも来店してくれる方なら伸びる速さ、クセの出方から割と正確にお伝えすることが出来るでしょう。

はじめて来店された方だとわかりにくいかもしれませんが、大体の予測をお伝えすることが大切です。

来店時のクセの出方など判断材料は少ないですがお客様との会話からも判断して1ヶ月後にはこう、2ヶ月後にはこうなることが予測されるので、トップのボリュームが出しにくくなる、首元の重さが気になりだすなどお客様の悩みや不満に直結しそうなことをあらかじめ提示しておくのです。

そうすると今回のスタイルの消費期限が決まりますよね?

それを踏まえてその時にはどうしたいのか?お客様が今後どのようにしていきたいか?などの展望を聞きだしていきましょう

伸ばしてゆくゆくはパーマをかけたいということがその時にわかれば、次回以降は量を取り過ぎないようにしていきましょうなどの長期的なスタイル管理のプランを提示してあげられるようになります。

すると今後どのように自分のスタイルが変化していくかあらかじめ予想できてくるのであなた指名でリピートしてくれやすくなります。

そのスタイルがお客様にとって魅力的であればある程その可能性が高まります。

さらにダメージ管理も含まれるとなおさらです。コレダイジ

これはあなたというスタイリストがお客様に与えられる価値を高める行為につながります。

 

アフターカウンセリングはあなたというスタイリストの価値を高める場

今回のスタイルから次のスタイル、その後の流れがお客様の希望に沿ったものであればあるほどお客様はその他のスタイリストにお任せすることが不安に思えるでしょう。

上であげたがどれほど重要かわかってもらえるでしょうか?

さらにについては色んなことが考えられます。

今すぐに改善できるものもあれば、髪のダメージなどその後の取り組み方で結果が変わってくるものもあります。

今の髪のダメージレベルがMAX10だとして、こういうことを続けていってくれたら次回には8に。

さらに続けていけば1年後には3までダメージレベルを下げられるというような話も出来るかもしれません。

あなたはそれに応えられるだけの知識と技術も必要ですが、確実に実行可能な話であれば伝えていきましょう。

それらの話によってあなたというスタイリストの価値をお客様が感じとることができます。

それと同時にお客様の本当の悩み解決にあなたのアドバイスや技術で改善ができたとしたら満足もしくは感動まで与えることができているかもしれません。

そのような状態の時に、紹介術を駆使した紹介のお願いをしましょう。

そうすることで紹介数の劇的な増加が期待できるからです。

紹介術の詳細に関してまだ読んでない方がいたら

【紹介数激増】美容師スタイリストの紹介数を劇的に増やす紹介術

を参考にしてください。

 

いかがでしょう?

アフターカウンセリングをすることで得られる効果と重要さが理解できたのではないでしょうか?

簡単にいうとお客様があなたに管理してもらえれば髪の状態もスタイルもより良くなりそうだと思ってもらうことが出来たらいいのです。

アフターカウンセリング自体が重要なのではなく、アフターカウンセリングで伝えるべき内容が重要なんだということを再認識してほしい。

ぜひアフターカウンセリングであなたというスタイリストの価値を感じてもらい、リピートと紹介で指名客を増やしていってください。

そしてお客様が増えれば増えるほど今回どのようなスタイルにしたか、次回以降の提案をどのようにしたか覚えておくのは大変になります。

あなたの美容室ではカルテを作成しているでしょうか?

次はカルテの使い方について書いていきます。

意外と時間のかかるカルテ記入をどのようにしていくかお楽しみに。

美容師のカルテはお客様満足度をあげる重要なツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です